R30.HISEISAN

人生って、「非生産」なコトで楽しくなる。

【良テレビ】テレ東「家、ついて行ってイイですか?」で素人ドラマにほっこり。

テレビ東京で深夜に不定期でやってるバラエティ「家、ついて行ってイイですか?」が、イイです。

都内各地で、終電をのがしたシロウトさんに声かけて、OKもらえた人の家までタクシーで送りつつ取材しちゃう。
「予算がない」でおなじみテレ東ならではの、いわゆる「シロウトを使った低予算番組」。

でもそれがバカにできなくて。低予算ならではのアイデア力と人間愛に満ちた【良テレビ】でした。



スポンサードリンク

2015年1月6日に放送された番組では、

  • 上京して親の力を借りずに読モをめざす女の子
  • 亡き妻への感謝を感じながらクリスマスを過ごすおじいさん
  • 21歳の若さで子育てしながら天職をさがすシングルマザー
  • 大学中退、バイト終了…自分のふがいなさに葛藤しながらお笑い芸人をめざす男子

…など、文章に書いただけでドラマを感じちゃうシロウトの皆さんが登場しました。



面白いのが、街ナカで声をかけられた時の風貌では想像もつかないような
ドラマティックなバックストーリーがそれぞれにあること。

最初は「こいつチャラいなー」とか「ぜったい遊んでんよ、このオンナ」とか思ってた人が
じつは共感せずにはいられないような背景を持っていて、
気づけば1人ひとりの「いい話」に涙腺をゆるまされる…。
さらに良いタイミングでビートルズの"Let it be"とか流れてくるし。。月曜の深夜からグッと来るんすわ。

さらに、それが視聴者の私たちとおなじ立場にあるシロウトだから、共感度がより増すんだよね。
彼らの生活感あふれる部屋の中で、リラックスした雰囲気で自分のことを話すシロウトたち。
その言葉の奥にあるほのかな熱い想いを聞いてると、応援したくなる。全くの他人なのに。



おなじくテレ東で人気の「YOUは何しに日本へ!?」もかなりの良テレビだけど
不定期にやってるこの「家、ついて行ってイイですか?」もね、シロウトに和まされ、感動させられるいい番組です。

不定期ながら放送してるようなので、ブルーマンデーを乗りきった夜にまた見たい。